プロフィール

[FIGHT FOR YOUR LIFE]

Author:[FIGHT FOR YOUR LIFE]
「原発はいらない!」 脱原発サウンドデモ福岡を始めとした等身大=無限大の脱原発アクション!
Twitter @genkaibai

[FIGHT FOR YOUR LIFE] によるデモや抗議行動などの脱原発活動は支援してくださる方々のカンパによって運営されています。カンパのご協力お願い致します。
[カンパ振込み先]
郵便振替
加入者名:FYL(エフワイエル)
口座番号:01790-7-125668
*領収書が必要な方は通信欄にその旨ご記入ください。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

Category: 報告

Tags: ---

 

報告:佐賀のテント村へ[6月25日(土)]
DSC_0615.jpg

報告:6月25日(土)

アリバイ作りの閉鎖的な「住民説明会」に抗議するために前日から佐賀の脱原発テント村入りしました。このテント村は2006年のプルサーマル発電に対して、佐賀県民投票条例運動の時に24時間体制のテント村が作られたのが最初です。
せっかく前日から佐賀に来たので、明日の説明会が今後の佐賀、いや日本の歴史を左右する大事なことだと伝えにいこうと、佐賀市内数カ所で街頭アピールしに出かけました。まずは、佐賀駅前。拡声器だけでアピールするのは芸がないので、ジャンベとスネア・ドラムで賑やかに盛り上げて、人を振り向かせようとする、天の岩戸スタイル(?)で。しばらくすると、駅職員がとんできましてー

「そういう行為は駅では禁止しています」

「そういう行為って?」

「そういう政治的な行為です」

「政治的だから?(カチャリ…敵対性スイッチが
 すこしはいる音)
 明日ですね、佐賀というか日本の未来が変えら
 れてしまう大事なことがあるおしらせをさせて
 もらえないですかね。ちょっとの間だけなんで」

「とにかく止めてください、警察呼びますよ」

「どうぞ呼べばいいんじゃないすか!
 あと2、3分くらいやらせてくださいって
 話なんですよ!」

と言うと、警察に通報しに行ったのか、放置プレイかで駅員の方は消えました。約束通り3分くらい後にアピールと演奏をやめた僕は、駅職員室へ行って「お騒がせしましたー」と声をかけて、チラシを渡し「説明会の不当性」を伝えました。県庁職員とは違ってちゃんと「わかりました」と受けてくれました。

 その後には郊外ショッピングモールに行ってアピールしました。ここの警備員の対応がややカチンときまして、僕らもすこしお騒ぎしちゃました。警備員も4人来たのかな、最後にはご丁寧に支配人もいらっしゃいまして(笑)。
でも、最後にはしっかりチラシを渡して、大事なことがここ数日で起こってしまう現実をちゃんと受け入れてください」としっかり伝えました。しかし、自分の半径2メートルだけが平和であれば良いという感覚の持ち主が多い気がします。事故が一度起こったら買い物どころじゃないのにね…。

manga.jpg


(しんぢ)


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。